振袖から引き振袖への仕立て直し

振袖から引き振袖への仕立て直し
成人式のとき作られたのお振袖どうされてますか。

最近、増えてきたご依頼で

振袖を披露宴で引き振袖として着たいとの、ご要望をききますので少しご紹介させていただきます。
「思い出の振袖を結婚披露宴で引き振袖として着る」
とっても素敵な事だと思います。

特に親御さんにとっては、こんなにうれしい事はないでしょうか

式場で持ち込み料を請求される場合もあるかもしれませんが

もっともっと増えてほしいと思います、またその思い出作りのお手伝いができると思うととっても嬉しく思います。

引き振袖仕立て直し例

縫い上げがある程度あれば仕立て直し可能です。
ご本人、お母様世代のお振袖の場合は丈に余裕があるためほとんど大丈夫です
簡単に言いますと

裾に綿を入れ、比翼をとり付けることで、引き振袖に仕立て直すことが出来ます
(写真の場合濃い赤が比翼で、朱赤が引き振袖の綿入れ八掛です。実際には今後、引き振袖から元の振袖に戻せるように、衿や袖口などに直しを入れてあります)
引き振袖の八掛「仕立てにかかるお代は?」
お代はその振袖の状態にも寄ります

(現在は基本金額設定しております)

解かずに仕立て直す方法と解いて新たに仕立て直す方法とがあります

解かずに仕立て直す場合 (生地、裏地の状態が良い場合)
お仕立て直し代、38,000円税別 (解き代+裏地代+綿代全て込み)

+比翼生地代(色目や地紋のご要望により変わってきます25000~40000くらい、現在はオススメの生地を用意しております)
解いて洗い張りして仕立て直す場合(生地の汚れをとり新たな状態にします)
お仕立て代 88,000円税別 (解き代+表&裏地洗い張り代+綿代込み)

+比翼生地代(色目や地紋のご要望により変わってきます25000~40000くらい)

その他胴裏取り換え、八掛の色を染めることや交換も出来ます。(別途料金)
実際にはお振袖の状態と全体のバランスを見ながら和裁士と打ち合わせしながらの、

ケースバイケースでの対応が多くなるかと思いますが、柔軟に対応します。
「他に必要なものは?」
この他に必要なものとして

帯、はこせこ、末広、懐剣、帯締め、帯揚げ、抱え帯(志ご喜)が必要です

こちらは当店でレンタルを用意することも出来ますし

または引き振袖以外は式場に頼むのも、良い方法だと思います
「依頼の仕方は?」
生地の状態、丈が出せるかどうかと、いつまでに仕上げるかの納期です。

大切な思い出のお手伝いですので、生地の状態を見てからの打ち合わせ、仕立て上がりまでに、仕立ての混み具合にも寄りますが、時間的に最低45日程度戴きたいと思っております。

まずはお気軽にお電話ください

052-731-5874

引き振袖の仕立て直し

関連記事

ページ上部へ戻る
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com